気功・整体&温熱療法を組み合わせた複合療法により多数の改善実績があります。肩こり・腰痛・内蔵疾患・難病まで格安の料金にて対応。ペットの氣功やヒーリングも承っていますのでご相談下さい。

優心整体センターの臨床例

臨床例について

このページでは一部をまとめてみました。

画像の説明

このページでは一部の症例だけをまとめてみましたが、単純に胃が下がる事だけが原因かと言うとそれだけでは無く、複合的にいくつかの要因が重なっている事が実に多いものです。

例えば、ストレスは脳に作用し、内臓下垂となるだけでは済まず、東洋医学的に肝臓と腎臓の経絡を含めた肝経、腎経にも影響を及ぼします。昔から肝腎要と言われるくらいに生命エネルギーである気を全身にめぐらす働きをしている大切な臓器です。

当院の施療は 内臓・筋骨格の歪み・患部への施療・脳への気功施療等、複合的要因を見極め、施術を行います。

無痛整体と気功が有効な症例の一部

整体的疾患

頭痛/むち打ち//腰痛/ぎっくり腰/座骨神経痛/五十肩/四十肩/肋間神経痛/膝痛/関節痛
背中の痛み/骨格矯正/骨盤矯正/出産後の骨盤のゆがみ修正/健康&美容/自律神経失調/
心身疲労/スポーツ障害/慢性疲労/関節痛/ねんざ/ストレス解消/骨折やケガの早期回復

ここに記載されていない、疾患・症例についてもご相談下さい。

内科的疾患

脳梗塞/気管支ぜんそく/狭心症/心筋梗塞/高血圧/胃潰瘍/肋間神経痛/便秘/下痢/
生理痛/眼の病気/耳鳴り/内臓疾患/腎臓病/肝臓病/不眠症/子宮筋腫/不妊症/逆子/
リウマチ/不眠症/うつ病/ひきこもり/自閉症/発達障害/原因不明の病気/
リラクゼーション/自律神経失調/心身疲労/難病/

ここに記載していない症例についても有効ですのでご相談下さい。

エステヒーリング【美容・アンチエイジングにも有効です。】

お体のゆがみを整え基礎代謝を上げて自然治癒力をアップさせる事でダイエットやエステ、小顔・美肌や美顔のアンチエイジング効果もありますのでお体の不調以外のお客様も気軽にご相談下さい。エステより断然格安で体の中から改善し、キレイを実感して頂けます。

臨床例

肩こり

<原因>

胃の経絡は背筋とつながっていますので、下がっている胃を元の位置に戻すと肩こりや背中の張りは消える場合が多いです。なぜ治るのか?についての医学的根拠は分かりませんが多くり例からそう言えます。

また、胃を元の位置に戻し、骨格の歪みや背骨の側湾を解消すると肩胛骨の高さも左右揃いますので背中のこりや痛みなども解消されます。
  
当院の症例では、左肩の痛みやこりは、内臓下垂が原因である事が多く、右肩の痛みやこりは、肝臓が原因である事が多い様です。

四十肩

<原因>

四十肩の原因は肩関節の軟骨同士の癒着が原因です。この癒着は、錆びついてくっついている状態です。ですので一定の角度より多く動かすと痛みがあります。錆び付いて動かせないのですから、その錆をはがすと自由に動かすことが出来るようになります。

多くの整体院は手技療法にて施術を行いますが、痛みを伴います。当院では軟骨同士の癒着を優しく改善しますので痛みは全く伴いませんのでご安心下さい。

各部の関節症  

<原因>

手首や肘・指の痛み、足部の関節の関節症はそり部分だけを治しても、その時だけは痛みは取れることがありますが、やがて再発する事があります。それは痛みのある部分に原因がないからです。例えば手首が痛い場合、肘関節と肩関節を元の正しい位置に戻すと痛みが消える場合があります。この様な場合でも、骨格を元へと辿っていくと骨盤、そして胃の位置などに関係していることが分かります。

腰痛・椎間板ヘルニア・腰椎すべり症・ギックリ腰・坐骨神経痛

<原因>

腰痛の多くは内臓下垂による骨盤腔内の圧迫が原因で起こる場合が多いものです。その状態が長く続くと臓器は強烈に圧迫され、骨格に負担がかかって歪みが生じます。骨盤は基礎であり背骨は一本の柱です。建物の場合、基礎が歪むと柱も歪む様に背骨は湾曲します。

多くの場合、右側が上がって左側が下がります。これは胃の噴門部(右側)から続いている 十二指腸が、下垂によって持ち上げられるからなのです。それ以外に、臓器の圧迫によって骨格が前後に歪むこともあります。それらが歪むと腰椎が圧迫されて湾曲する為に神経が圧迫されて腰痛が起こるというメカニズムです。椎間板ヘルニア・腰椎すべり症・ギックリ腰・坐骨神経痛等も同様の原因です。

また、腰痛は腎臓が原因である場合もあります。いずれも場合も、無痛整体と氣功で施療すると腰痛は改善する事が多いので是非お試し下さい。

変形性膝関節症

<原因>

膝の痛みは膝そのものに原因がない場合が殆んどです。膝関節症は骨盤の歪みや腎臓関係に原因のある場合が多いです。胃下垂によって圧迫された骨盤は、右が上がり左が下がります。ですので下がった方の足に過重が多くかかり、その負担が膝にくるのです。膝関節痛は多くの場合、左から悪くなる場合が多いようですが逆の場合もあります。

膝に水がたまるという症状の時に水を抜いてもしばらくたつとまた、水がたまります。原因は膝にはありませんので、局所だけを治そうとしてもまた同じ症状があらわれます。

変形性股関節症

<原因>

原因は変形性膝関節症と同様です。膝関節症は下がった骨盤側の膝に疾患が出る場合が多いのですが、股関節症の場合は逆に上がった方の股関節が悪くなることが多い様です。それは股関節が浮いた状態になり、関節のはまり具合いが悪くなるからです。

姿勢と体型

<原因>

皆さんは胃の位置で姿勢が決まると言ったらどう思いますか?

胃は体の中心に位置している大きな臓器ですので、下がる事によって重心が下半身へ移動します。本来、おへそと肋骨の間にありますが、下がるとその場所が凹むから肩は閉じて下腹が出ます。下腹ぽっこりの原因、それは胃が関係しているかも知れません。下がった胃を元の位置に戻すとウェストはサイズダウンします。

頚椎症

<原因>

骨盤の歪みが波及した結果、頚椎が頸椎症となる場合と、事故等により捻挫や寝違いが原因である場合があります。原因を見極め施療を行います。

高血圧

<原因>

高血圧は胃下垂による骨盤腔内の圧迫によっても起こるのです。胃下垂によって骨盤の中に胃が入ると骨盤内の臓器は圧迫された結果、鼠頚部にある大動脈が圧迫され、下半身への血流障害が起きます。足部に血液が流れにくく、主に上半身だけで血液が循環しますので腕で血圧を測ると高く、足で測ると低いという現象が起きます。

胃を元の正しい位置に戻して腹部を十分に解して圧迫から開放します。その後、不純物が溜っていたと考えられる鼠頚部の大動脈を氣功施療すると血液は足部に流れますので血圧は安定します。

また、高血圧はそれだけでは無く、腎臓などの内臓疾患によっても起こります。

顔の歪み

<原因>

顔の歪みについて皆さん、一度テストをしてみて下さい。

頬骨の最下部の下から親指の腹を当ててみます。これで歪みが分かりますよ。頬骨は見た目には分かりづらいのですが、皮膚を下げるようにして押し上げると分かり易いです。(方法→ 頬の突起部を軽く親指で抑えてからそのまま下方へ押し下げて、親指を頬骨の下からあてがいます)

多くの場合、右側の頬が下がっている場合が多いようです。なぜでしょうか?

顔の歪みは骨盤の歪みと比例している場合が多いようです。これは体はバランスを保つために逆の方向に歪むからです。

顔の歪みは眼窩・鼻骨・顎関節・頭骨等を圧迫してその部位に応じた個所に疾患が起こる可能性があります。

目・耳・鼻

<各部の原因>

目・耳・鼻等の疾患の原因は実に様々ですが、原因の一つとして顔面や頭部の歪みもあります。例えば目ですが。眼窩の周囲には毛細血管や神経が張り巡らされていますが、顔に歪みが出ると血管や神経が圧迫され、眼球に疾患が起こる要素ができます。顔の歪みが改善されると機能が回復する確率も高くなるものと思われます。

<療法>

目・耳・鼻の機能は単独で存在し機能しているのではなく、他の臓器と密接な関係を持っています。その因果関係を辿っていくと、最後には胃にたどり着きますのでそれらの施術をします。
次に疾患のある部位に氣功施療を行います。

各種、婦人病の原因について

婦人病には共通した原因があります。
女性の骨盤の中は生殖器が複雑に収まっていることから、胃が下がる事による圧迫度が男性よりもはるかに大きいということが婦人病の主原因であると考えています。それらを下記にまとめてみました。

  • 極度に下がると子宮の上にまともに胃が乗るということですから、子宮や卵管は上から押し潰されてしまう訳です。長期間このような状態が続くと子宮筋腫・子宮内膜症他の婦人病の原因の一つとなります。生理痛や不妊も同じ原因によるものが多いと言えます。
  • 子宮の圧迫は、鼠頚部の大動脈が連鎖圧迫され、血管内に不純物が蓄積して足部への血流障害が起こりますのでむくみや冷え症になりやすくなります。
  • 胃が下がる事による腸の圧迫は、腸が捻転して便秘になることも多く、胃を上げて腹部を十分に解すと便秘は数日で改善する事があります。
  • 女性の尿道は約3センチと短いため、胃下垂による膀胱と尿道の圧迫により押し潰された尿道からウイルスが侵入し、更に尿管から腎臓へウィルスが侵入しやすくなって腎盂炎の原因となります。
  • また、血流が阻害され、代謝が悪くなるので荒れ肌の原因となりますが、胃が元の位置に上がると急速に肌は綺麗になりますのでご安心下さい。 

胃下垂が起こる原因について

これだけの疾患の原因となっている胃下垂はなぜ起こるのでしょうか?
それらは 心配事、怒り、愚痴、悲しみ・・・・etc。。。などの心のストレスによって起こるものと考えています。実は胃は心と密接に関係している臓器なのです。誰もが心ストレスと胃の関係について経験した事があるのではないでしょうか?

そして、更におおもとを正すとストレスや邪気と言われるものが脳や患部に作用した結果起こります。ですので単純に胃が下がる事だけが原因かと言うとそれだけでは無く、胃を元の正しい位置に戻す事と根本的に改善させる事がとても大切です。

改善実例とお客様の喜びの声

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional