気功・整体&温熱療法を組み合わせた複合療法により多数の改善実績があります。肩こり・腰痛・内蔵疾患まで格安の料金にて対応。ペットの氣功やヒーリングも承っていますのでご相談下さい。

フラワーエッセンス

その他の療法について解説

ここでは現在は施療として取り入れてはいませんが習得し、過去に療法として行っていた
ものについてご紹介しています。

フラワーエッセンスとは?

花のエネルギーが水に写しこまれた自然の治療薬です。

  • 英国の医師であり、細菌学者、病理学者、ホメオパシー医であったエドワードバッチ博士によって1936年に完成された、自然由来のものです。レメディとは、『治療薬』という意味で、フラワーエッセンス(レメディ)は花のエネルギーが水に写しこまれた自然の治療薬です。
  • 自分の心理状態に合ったものを飲むことで、花の持つエネルギーによって心と体を調和し、
    本来持っているバランス感覚を穏やかに取り戻してくれます。

精神状態や感情に作用します。

  • フラワーエッセンスは体の病気に直接作用するものではありません。落ち込み、いらいら、ショック、不安、怒りなど、誰もが日常的に体験するような精神状態や感情に作用します。
  • バッチ博士は、健康は落胆や心配、悲しみや怒りなどの感情や心理的な不安定によって損なわれることが多いことに着目し、人の様々なマイナスの感情に作用する野生植物を20年にわたり調査、研究し38種類のエッセンスを完成させました。バッチ博士が伝えようとしたのは、自分の心のマイナス面を素直に認め、それを克服する為に、自然の不思議、植物の力に心を開けば、自分らしい生き方が出来るというメッセージです。

画像の説明

自然療法としてのフラワーエッセンス

各国で自然療法として使われています。

  • 英国では自然療法の一つとしてヒーリングハーブ社のフラワーエッセンスを組み込み販売しています。英国の薬事法では医薬品とは認められていませんが、便宜上ホメオパシー薬と同じ扱いになっています。アメリカでは、ファイブフラワーレメディのみがホメオパシー薬とされ、それ以外のものは健康商品の扱いを受けています。
  • 英国では認知度も高く、故ダイアナ王妃が使用していたことでも知られています。
  • 自然療法のひとつとして人気が高いこの療法は、英国をはじめヨーロッパ諸国やアメリカなど現在世界60数カ国に輸出され、医療関係者や多くの家庭で愛され続けており、心身のバランスを保ち、健やかな生活を過ごす為に使われています。

無害で安全な自然療法です。

  • 無害で副作用や依存性がありません。また、飲みすぎるということや、長期間使っているうちに効果が薄れるということもありません。これは、世界中で70年近く使用されていて、一度も事故がないことでも証明されています。
  • 薬ではありませんので、赤ちゃんからお年寄りの方まで安心して使用することができます。また、愛するペットや観葉植物にも与えることができ、バランスを取り戻す手助けをします。

無料診断

あなたに最適なフラワーエッセンスを無料で診断できます。良かったら試してみて下さい。

あなたに最適なものを無料診断します。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional