皆さんは「エンパス」とか「逆エンパス」と言う言葉を聞いた事があるでしょうか?人は誰もがエネルギーの受信能力と送信能力の両方を持っていますが、その割合が極端に高い人をタイプ別に「エンパス体質」とか「逆エンパス体質」と呼ばれているそうです。

私の場合、エネルギーを受信する能力である「エンパス体質」や、エネルギーを発信する能力である「逆エンパス体質」の両方ともに人よりも極端に高かったので、長年、人間関係で多くの悩みを抱えながら生きて来ました。

人の感情や痛みを敏感に感じ取ってしまう「エンパス能力」は私にとって邪魔でしかありませんでした。「こんな能力【敏感さ】なんていらねーよ。。」と思っていました。。私にとって人間関係はストレスでしかありませんでした。。むしろ鈍感さと、世の中をたくましく生き抜いていく図太さに憧れていました。

更に困った事に、溢れ出る様な強い送信エネルギーのオーラをまとっている「逆エンパス能力」も私にはありましたのでそのエネルギーの強さにより、周囲から脅威を感じられて、理不尽なイジメにあったり、迫害を受けたりすることがあったり、自分の強いオーラが無意識に他者のネガを刺激してしまうなど・・・常に人間関係での悩みを抱えながら生きてきました。

また、私は会社員時代に自身の体調不良であらゆる治療法を試み、氣功やヒーリングを受けたのですが、日本各地の有名な氣功やヒーリングの先生方に共通して言われた事がありました。「あなたはそのままにしているとエネルギーがたまってしまい、また、悪くなりますよ。」今にして思えば、先生方の言葉は私の逆エンパス体質による溢れ出るエネルギーの事を言っていたのかも知れません。

私の場合、枯渇してエネルギーが無いのではなく、動いていない(循環していない)ことから起きるので、エネルギー補充よりはエネルギーの発散、循環させる方法が適切な解消法になります。逆エンパス特有の溢れ出るエネルギーを仕事や日常生活で発散、循環させるように心がけなければいけなかったのです。今でも日常的に他者へヒーリングをしていないと・・・溢れ出る泉の如く、エネルギーが自分に貯まってしまい具合が悪くなる事があります。

当初はやりたくて始めたヒーリングの仕事ではありませんでしたが・・・私の場合、やらざるを得なかった面もありました。

ですが、ヒーリングは 他者の心の痛みや身体の不調を敏感に受信できる「エンパス能力」も・・・他者へ影響する溢れ出る様な強い送信エネルギーのオーラを持った「逆エンパス能力」も・・・どちらも必要な力で会社員時代はあれほど嫌だった自分の欠点全てが・・・不思議な事にこの仕事では長所として役立ちました。。。

次回に続く・・・